【コロナ禍でも可能】魅力的すぎるカナダ留学!留学を諦めかけた私がやっと見つけた留学プラン

woman walking on pathway while strolling luggage

昨年の3月ごろから世界中で猛威をふるい始めた新型コロナウイルス。
これのせいでバイトや職を失ったり、家族となかなか会えなくなったり。

つらい思いをしてる方は沢山いらっしゃると思います。

ただ、下記のような方もいるのではないでしょうか。

留学が夢でやっと叶いそうだったのにコロナのせいで行けなくなった!怒
この時期逃したら就活なのに!汗
今年過ぎたらワーホリ行けないよ・・・泣

留学したい人にとって、これはもうすごい大惨事ですよね。

そんな皆さんに今日は、コロナの状況を抑えながらとっておきの留学プランをシェアします

かくいう私も留学という夢がコロナで中断されてしまった人のうちの一人です。
帰国したときは悔しくてたまりませんでした。

それゆえ、去年の末から様々なエージェントさんから情報をもらったり
留学経験豊富な外国の友達から色々なことを教えてもらったりして
様々な有益情報を得ました。

その中で、これって全然将来の可能性あるじゃん!
と思ったものを紹介していきます。

紹介するのは主にカナダ・ドイツです。
今回はカナダ留学についてご紹介していきますね^^
(ドイツは次回の記事で書きます)

【読者の対象】

  • 留学に行くためのある程度の資金はある
  • 半年~2年くらいカナダ留学に行きたい
  • カナダでワーホリを考えていた(29-30歳)
  • 転職を考えている人
  • 大学生

※4年制大学への正規留学については今回触れておりません。あくまでも、コロナでも留学(半年~2年)を諦めたくない人や時間を有効活用して留学に行きたい人向けのものです。

東大生も実践している独学でネイティブと話せるようになった方法はこちら。

楽天ランキング1位のネイティブイングリッシュの口コミご参考までにどうぞ!
32,780円(税込)で、90日間の返金保証もついているので安心して試せます。

留学生の入国可能国(2021年1月時点)

現時点で【留学生を受け入れている国】は以下の通りです。

  • ドバイ
  • マルタ
  • イギリス
  • アメリカ
  • カナダ(14日間の自主隔離)
  • ドイツ(10日間の自主隔離)
  • イタリア

この中でも、特に英語圏の留学先として有名なイギリス・アメリカ・カナダですが
コロナ状況を見るとこの中では圧倒的にカナダが一番落ち着いていると言えます。

3国の【一週間の感染者平均(2021年1月下旬)】は以下の通りです。

  • イギリス:3万6000人弱
  • アメリカ:17万人強
  • カナダ :6000人弱

これを見ると一目瞭然ですね。
カナダが1番安全です。

ということは、対面授業が行われるの最も早い可能性があります。
せっかく留学したのにオンラインは悲しいですもんね…

カナダの入国受け入れ状態

現在、カナダで入国が許可されているのは下記の通りです。

【ワーホリビザ】

・必要不可欠な渡航理由がある
・カナダでのワーホリ許可通知とジョブオファーレターがある
※この条件を全てクリアする必要があります。

【学生ビザ】

・学生ビザの許可通知がある
・有効な学生ビザ元本がある
・通学校がCOVID対策計画の政府承認を得た学校リストに掲載されている
※この条件を全てクリアする必要があります。

【ビザなし】
・カナダ市民
・移民または配偶者

カナダ留学の種類

woman draped in a flag of canada

カナダには語学留学からワーキングホリデーまで、多岐にわたる留学方法があります。
一度まとめてザックリ説明しますね。(記事内容のメインがここではないのですごくザックリです。)

これはいいや、という方は飛ばしちゃってください^^

語学留学

どこの国に行くにしても、誰にでもマッチするのがこれ。
定番ですよね。

半年以内の場合、日本人は学生VISAを申請する必要がありません。

カレッジ・大学留学

今日のポイント1つ目です。

大学ですと、交換留学または正規での留学で行く方が多いと思います。

しかし、カレッジに行く場合、大学を休学せずカナダのカレッジを卒業できる選択肢もあります。
この案は、コロナ禍ならではで見つけた案です。
(後ほど詳しく説明します)

ワーキングホリデー

これもとても有名で人気な留学プログラムですね。

カナダでの生活を体験しながら働ける。
とても魅力的なものです。

しかし、ワーホリには基本
一つの国で1度だけ・18歳~30歳まで
という規制があります。

もうすぐ30で、今年行こうと思ってたのに…
そんな方にもピッタリな留学方法あるので落胆しないでくださいね^^

Co-op留学

今日のポイント2つ目!

このプログラム自体はじめて聞く方もいるかもしれませんが
Co-opでは学生VISAにインターンのようなものが付け加えらます。

しかもなんと!
ワーホリのような年齢制限も回数制限もありません。

自分の好きな時に何回でも挑戦できて
就学+労働体験のくっついた夢のようなプログラムです。

その他

その他にも、高校留学や親子留学、移民のための留学など色々あります。
もっと知りたい方は、こちらを参考にしてください。

2021~2023年のオススメ留学

Co-op

オススメ度:★★★★★
期間:8カ月~2年
対象:大学生(特に2021年度の3、4年生)

   社会人の方(年齢問わず)
   専門知識を深めたい方
   カナダで働きたい方

   就活で有利になる経験がしたい方

people sitting while discussing

Co-opとは

Co-opプログラムとは、カレッジ(専門学校・短大)のコースの中にインターンシップが組み込まれている場合に限り取得できる、就労許可付きの学生ビザです。 必要なのはカナダの移民局が認定しているカレッジからの入学許可証です。 Co-opプログラムは、英語で専門スキルを身に付けるためにカレッジが提供するコースの一種で、通常は中級~上級の英語力が必要です。しかし一部のカレッジのコースでは初級の英語力から受講することができます。 また、英語力を上げてからカレッジへの入学を目指せるように、語学学校と提携しているカレッジもあります。
出典

Co-opの魅力

  • 年齢制限や取得できる回数の制限がない
  • 英語で専門スキルを身に着けられる
  • カナダの企業で働ける
  • 専門知識に加え、就労体験を経験することで、ワーホリよりも就活で有利

上記に書いたように、co-opでは「就体験」と「就体験」ができます。
これはなにより魅力的ですよね。

専門知識を学んだ上でカナダの企業で就労体験することで、日本で就活する時にも
周りの人と差が付けられると思います。

また、私はどちらかと言えば勉強より体験したい派なのですが、感覚上、ワーホリよりも学校に行くことで様々な人と関わり、様々な経験ができると思うので
そういった意味でもお勧めです。

Co-opの費用

学校や期間によって多少の誤差はありますが、
一年の場合、最初の学校に通う6カ月でだいたい140万円ほど(航空券や滞在費込み)です。

授業料80万円
教材費3万円
シェアハウス(6カ月)40万円
航空券(片道)5万円
空港送迎オプション1万円
合計140万円程

ちょっと高いな・・・と感じた方もいるかもしれませんが
この初期費用さえ払ってしまえば、1年後にはプラスになっているかもしれません。

co-opの授業は、基本的に夜間に行われる事が多いので、日中にバイトをすることもできます。
カナダの最低賃金は1時間でCAD$11. 06で、CO-OPプログラムの前半の学習中は週に20時間までの就労が許可されているので、月に最低でも$800ほど稼げるのです。
なので、それで生活費は賄えるでしょう。

さらにその後には、企業での就労体験があります。
この期間中は、フルタイム、週40時間働くことができるので、最低でも月$1600は稼げるでしょう。

ここで単純計算すると
1年の場合:学習期間(800×6カ月)+就労期間(1,600×6カ月)=$4,800+$9,600=$14,400
2年の場合:1年の2倍なので$28,800

最低でも1年で120万円のお金を稼げるのです。

バイト先や就職先によっては、もっとたくさん稼げるかもしれません。


専門学校・College

オススメ度:★★★★
期間:4カ月~1年
対象:高校生以上の方誰でも(大学在籍中でもOKです)
   大学卒業後に留学を考えている人

multiethnic students walking down steps after studies

カナダのcollegeとは

コロナ禍で私が目を付けたうちの1つがこれです。
イメージとしては、Co-opのような就労体験がないプログラムです。

カレッジに行く場合は下記のものが必要になります。

  • 高校の卒業証明書
  • 高校の成績証
  • 英語のスコア(IELTSが主流)

見て分かる通り、高校をそれなりの成績で卒業していればいいのです。
つまりは、日本の大学に通いながら、半年間ほどカナダのカレッジで学べる
という事です。

私が知る限り、大学生の方でも休学などしなくても大丈夫です。
特に今の時代、日本の大学の授業はオンラインですよね。

両立は少々大変になりますが
どうしても留学したいけど卒業してみんなと同じように就職したい
という方にとっては最適かもしれませんね^^
もちろん、社会人の方にもおすすめです。

専門学校・collegeの魅力

  • 求められる英語力がUniversityよりも低い(IELTS5.5~など)
  • 半年ほどで専門分野を学べる
  • 卒業すればカナダ国内での就労ビザがもらえる(公立カレッジ・10カ月以上の場合)
  • 就活に直結するプログラム構成で学べる

これもとても魅力的ですよね。
もちろん、ある程度お金をためてから行くのもありだと思います^^

専門学校・collegeの費用


そこまでCo-opと変わらないと思いますが
授業料は一年でだいたい130万円(半年で80万円)ほどで、そこに生活費や航空券が入ってきます。

週20時間まで働くことはできますが、少しお金に余裕がないときついかもしれません。

Graduate Certificate

オススメ度:★★★★
期間:6カ月~1年
対象:大学卒業生

   専門知識を深めたい方
   カナダの大学で単元を修了したい方

woman throwing confetti

これは初めて聞いた方もいるのではないでしょうか。
日本では親しみのないものですが
英語圏では、カナダ以外にオーストラリアやイギリスなどにもこの制度があります。

Certificateとは各分野のコースが修了したら貰える証明書のことです。

とはいってもピンとこないと思うので、しっかり説明していきますね。

Graduate Certificateとは

まず、これに申し込むためには大卒であることが前提です。
入学のエントリーを出す際に提出する主なものは

  • 大学卒業証明書
  • 成績証明書
  • IELTSまたはTOEFLのスコア(国や学校により異なる)

それがゆえに大卒である必要があるんですね。

そしてこのプログラムに関してです。
このプログラムは、大きく分類すると「大学留学」の部類に当たります。
それゆえ、英語力もある程度のレベルを求められます(IELTS6.0程度~)。

ですが、魅力的なのはその内容です。
このプログラムでは、カナダの大学に入学しそこで半年~1年ほどでコース修了の証明書をもらえます。授業内容は多岐に渡り、ビジネスや観光、歴史など、自分のテーマにそった専門分野をしっかりと学べます。

自分のやりたいことが分かっている人には最適なプログラムですよね。

Graduate Certificateの魅力

  • 1年以内でコースを修了できる
  • カナダの大学を卒業できる
  • あこがれの海外の卒業式を体験できる
  • 専門知識を含めて自分の強みにできる

プラグラムは8カ月程で終えられるところが多いです。
一年以内で専門知識を身に着け、カナダの大学を卒業でき、しかもあの憧れの卒業式まで。
夢のようなプログラムです^^

ですが、デメリットもあります。
やはり現地の学生に混ざって学ぶわけですから、それ相応の英語力がないと苦しむことになるでしょう。

また、専門知識を学ぶ場であるため、学ぶ分野の基礎ができていることが前提です。
英語が分かっても、専門用語などって興味のある事しか知らないですよね?
また、ディベートなどでもその分野の知識がないと置いてけぼりになります。

そういった面で、ある程度の英語力や知識がないとつらい思いをするかもしれないので、吟味して決めましょう。

Graduate Certificateの費用

大学と学ぶ分野によっても大きく違うので一概には言えませんが、私が調べたYork Universityの費用を参考にご説明します。

やはり大学という事もあり、授業料は高いです。
York UniversityのDigital Marketingの費用は、8カ月で約$15,000
日本円で130万円程です。

これにプラスで生活費等がかかってくるので
合計200万円弱

この前にご紹介した、Co-opやcollegeと比べると、お金は多少かかってしまいます。

ただ、学びたいことがある人にとってはとても魅力的なプランであることは間違いないと思うので
費用面や自分の将来等しっかりと考えて視野に入れてみて下さい^^

ここでも同様に1週間20時間までは働けるので
最低授業料さえ払えれば、他の資金は現地で調達できるかもしれません。

まとめ

カナダのオススメ留学法、いかがだったでしょうか。

今回は
・Co-op
・College
・Graduate Certificate
この3つをご紹介しました。

ですが、語学留学やワーホリにも魅力は沢山あると思うで
自分が留学で叶えたいことは何か・どれが一番自分のやりたいことができるのか
これをしっかり考えて選んでみて下さい^^

次回はドイツについてご紹介します。

*余談*
ここまで読んでくれた皆さんにエージェントさんから得た有益な情報をシェアします。
将来就職または再就職を考えている人向けになりますが・・・

専門分野を学ぶ際には「デジタル・マーケティング」を学ぶと就職に大きくつながるとのことでした。
理由①世の中でWebの仕組みを知っている人が重宝されるようになってきているため
理由②英語とデジタルマーケティングの両方ができる人は少ないため(希少価値)
理由③今後よりデジタルな世の中になっていくため

企業に就職しない人でも、1人でネットビジネスを立ち上げれば収益を得られます。
そう考えると、デジタル・マーケティングを学ぶというのは魅力的かもしれませんね^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました