日常会話で使える【必須の】英語フレーズ22選!知らないと困る日常英語

ネイティブの人と話す時に最初につまずくのが、カジュアルな日常英会話。現地で使う英語と日本で習う典型的な英語は意外と違います。

日本で学んだ英語を使っても理解してはもらえますが、相手が言ったフレーズを理解できないから会話が成り立たない…なんてことも!海外の友達を作りたくても、それではなかなか話しかける勇気もでません。これを回避すべく、ネイティブスピーカーが日常会話で必ず使う英語フレーズを今からしっかり覚えましょう。

✔こんな人に役立ちます。

・外国人の友達が欲しい
・将来、留学やワーホリに行って、いい思い出作りたい
・カジュアルな英語を話せるようになりたい

✔参考記事

【英語上達のコツ】英語が早く上達する人がやっている5つのこと
ネイティブがよく使う便利な英語表現!1つの単語で感情表現できる魔法の英会話

日本で学ぶ日常会話の英語では不十分なのか

teacher asking a question to the class

まず、日本の学校(英会話以外)で学ぶ英語は不十分であるのかについて説明します。

結論は、役には立つが不十分です。

文法や単語は役に立ちます。会話をするうえである程度の文法力・単語力は必要になるので、これによって自分の言いたいことを相手に伝えることはできます。ただ、問題が生じるのは外国人の言ってることを理解する時です。これは日本で学ぶ英語ではとても十分だと言えません。

”会話”というのは、相手が言っていることを理解して初めて成り立つものですよね。それができないと思った以上に凹むし、不便です。

それを回避し、いち早く英語マスターになるにはネイティブが使う日常会話の英語フレーズを早い段階で知っておく必要がある事が分かりましたね。それでは早速学習していきましょう。

日常会話で使える【必須】英語フレーズ

little kids playing with toys in garden

挨拶

日本の学校では教わらない英語でのあいさつの仕方って沢山あるんです。日常会話で「???」にならないようにしっかり覚えましょう。

元気(How are you)?の言い方

How’s it going? (ハウズィッゴーイン)

How’re you doing? (ハウアーユードゥーイン)

How have you been? (ハウハヴユービーン)

What’s up? (ワッツァップ)

How are you の返事

I’m good./ I’m fine. (元気だよ)

Not too bad. (調子いいわ)

Pretty good. (めっちゃいいよ)

Excellent! (最高の気分)

相手に合わせるときの英語フレーズ

日本人て、良くも悪くも「みんなに合わせるよ」というスタンスなこと結構ありますよね。「合わせるよ!なんでも大丈夫だよ」と言いたい時に困らない英語フレーズです。

どっちでもい

Up to you. (君に合わせるよ)

Both sounds good. (どっちもよさそうだね)

Anything will be fine. (どれでも大丈夫)

なんでも大丈夫

Whatever (なんでも)/ Wherever (どこでも)/ Whenever (いつでも)

Anything

知っておかないと損な英語フレーズ

私自身、留学経験がありますが、そこで「これを来る前に知れてればよかった!(悔)」と思ったものがいくつかありました。日本の英語って、丁寧すぎるんです。ちょっとしたテクニックで、英語こなれ感を出せちゃうので、それらをご紹介します。

ネイティブが使う、省略英語

want to → wanna
 (I WANNA eat Sushi right now:今寿司が食べたい)

be going to → be gonna
 (①I’M GONNA clean my room in a bit:もう少ししたら部屋を片付けるつもり)
 (②What ARE you GONNA do?:これから何するの?)

have to → gotta
 (I GOTTA go:そろそろ行かなきゃ)

日本で習った英語と違う、覚えておくべき英単語

Flatmate:ルームメイトのこと

Fridge:冷蔵庫(Refrigerator)のこと

Uni:大学(university)のこと

French fried(米)/ Chips(欧・英):スライドポテトのこと

頼み事をしたいときに使える英語フレーズ

Can I ask you a favor? (頼み事してもいい?)

Can I ask you to help me? (手伝ってほしいんだけど、いいかな?)

日常会話の英語フレーズを覚えて、海外経験を充実させよう!

日本で学ぶ知識も活用できますが、やるからにはやはりネイティブが使っているナチュラルな英語を日常会話に取り入れたいですよね。

英語ができることで得られるのは知識だけではありません。世界中に友達ができ・周りから褒められ・自分の視野が広がり・自分の人生がもっと可能性と出会いに満ちたものになります。私自身、英語で会話できるようになってから、自分の視野が驚くほど広がりました。

特に今、コロナ禍でなかなか海外に行けないからこそ、これがとても重要な準備期間・周りと差をつけられる期間になります。この時間を有効活用できた人こそ、成功や理想へ大きく近づくことができるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました