効果的な英語学習法とおすすめ無料教材【独学でも英語は話せるようになる】

長年、自分で英語の勉強を続けてきたけどいまいち効果を感じない。
はたして独学でも英語は話せるようになるのか…

こんな悩みを持っていませんか?

英語学習を続けてもなかなか効果が出ないし話せるようにもなかなかならない。
よくある悩みだと思います。

そこで今回は、世界各国に友人を持つ私が、独学で英語を話せるようになるための勉強法とおすすめ無料教材をご紹介します。

ちなみに勉強方法はたったの2つという超シンプルなもの。

1.シャドーイング
2.フレーズストック

シャドーイングは有名で「もう試してみたよ」という方もいるかもしれませんが、やり方を間違えると継続もしなければ効果も出ません。

記事を読めば、効果の出やすい「話せるようになるための正しい勉強法」が分かるはずです。それでは早速行ってみましょう。

✔参考記事
日常会話で使える【必須の】英語フレーズ22選!知らないと困る日常英語

英語が話せるようになるための正しい勉強法

早速、効果的でやればやるほど必ず成果の出るたった2つの学習法を紹介していきます。

シャドーイング

photo of woman taking notes

シャドーイングとは

「シャドーイング(Shadowing)」は、英語を聞きながらそれを真似して発音する通訳訓練法のことです。英文を聞き終えてから繰り返す「リピート」とは異なり、シャドーイングは、聞こえてくる英文のすぐ後ろを影(shadow)のように追いかけるのがポイントです。(出典)

シャドーイングは、英語学習者なら誰でも1度は聞いたことのある勉強法でしょう。実際に私もネットで見つけて試してみたことがありますが正しいやり方が分からず結局3日坊主に。

しかし、シャドーイングは正しくやればスピーキングのみならず、リスニングや意味理解など英語の総合力アップにつながる1番の秘密兵器です。間違ったやり方で効果が出ない、なんてことにならないようにここではシャドーイングのやり方を1から詳しく説明していきます。

勉強法

手順は以下の通りです。

1. 30秒ほどの音源を用意する

これがまず1番に大事なポイントです。

30秒以上ではシャドーイングに集中できなくなります。
おすすめの音源に関しては後ほどご紹介します。

2. テキスト(字幕)を見ながら音声を追いかけるように声に出して読む

ここでのポイントは①最初はテキストを見ながら②音声を追いかけるように声に出して読む、この2つです。
最初から何も見ずに英語の音についていけるのはネイティブか超上級者のみです。自分のレベルに合った学習法で、意味を把握しながら英語を声に出して読める、というスキルをまずは身につけましょう。分からない単語がある場合は調べるようにします。

目安ですが、日常会話レベルの英語を話せる私でも3~5回ほどはこれを繰り返します。

3. ②ができたら、何も見ずに音声だけ聞いて声に出して読む

テキストを見ながら音声に追いついて読めるようになったら、次は同じフレーズを何も見ずにシャドーイングします。

4. 聞き取れない部分をテキストを見ながら理解する

これが英語の総合力を高めるのに1番重要なポイントとなってきます。


聞き取れない英語というのは、あなたが発音できていない・理解できていない英語という事です。聞き取れなかった部分はテキストで確認しながら、音声のみでその音が理解でき・自分で発音(shadowing)できるようになるまで繰り返しやりましょう。

5. テキストを見ながら、音声と同じタイミングやイントネーションで話せるか確認

これをやらない人が多くいると思いますが、実はこの最後のタスクも重要です。

テキストを音声と同じタイミングで読むことによって、発音やイントネーションの違いに気づけるようになります。この繰り返しにより、ネイティブの発音やしゃべり方により近づけるようになるのです。

最初は早すぎてついていけないこともあるかもしれませんが、意味を理解しながらシャドーイングを続けていくことで自然な英語が自然な形・リズム・文法で自分の頭や口に定着していきます。

フレーズストック

フレーズストックとは

これは、東大生が生み出した画期的な英語学習法です。

今やNetflixやInstagram・Youtubeなど様々なメディアを通して、生きた英語をお金をかけずに学べる時代です。でも、その恵まれた環境で、受け身の英語学習ばかりしていても意味がありません。

そこで役に立つのが「フレーズストック」です。これは日常生活の中で、自分が覚えたい英語フレーズに出会ったとき、自分のLINE機能にメモすることで、電車の中や就寝前、スマホを触る時にいつでも復習ができる勉強法となっています。「自分が使いたい英語を覚えられる」のが最大のメリットです。

早速勉強法を見ていきましょう。

勉強法

1. LINEで自分だけのグループを作る

まず、自分だけのグループをLINEで作成しましょう。グループ名は何でも大丈夫ですが、私はフレーズをどんどん蓄積していく場所という意味で「Phrase Stock」という名前でやっています。

2. そのグループをピン止めする

ピン止めすることにより、他の人とのトークの中にPhrase Stockが埋もれてしまわないようにします。

人間、面倒くさがりです。目に留まらないものは活用しなくなります。ピン止めをして、毎日使うLINEを英語学習に有効活用しましょう。

3. 自分が覚えたいフレーズに出会ったとき・フレーズを調べた際にLINEにメモする

上記で話した通り、今やどこでも無料で英語に触れられる環境があります。

洋画やYoutubeを見て気になる英語に出会ったとき・インスタグラムで覚えたいフレーズを見つけた時・自分で英語の意味を調べた時、こういったときにLINEにメモすることで、オリジナルの英語フレーズ帳が出来上がります。

おすすめ無料教材

white smartphone

それでは、シャドーイングとフレーズストック、それぞれの無料おすすめ教材をご紹介していきます。

シャドーイング

シャドーイングにおすすめの無料教材は、Youtubeです。

Youtubeはシャドーイング教材の宝庫です。海外系Youtuberや映画の予告、なんだって活用できます。さらに、動画速度を変えることができるため、自分のレベルに合った英語学習が可能なのです。

何を見ればいいか分からないという方は、まずは以下を参考にしてみて下さい。

【日本人向け】シャドーイングおすすめYoutube

・オバマまたはトランプ前大統領のスピーチウィルスミスバイリンガールちかさんディズニー映画の予告

フレーズストック

フレーズストックにおすすめの無料教材もYoutubeです。シャドーイングを進める中で気になるフレーズがあればメモしていきましょう。

さらには、Netflixなどの動画配信サービスや英語日記もフレーズストックには役立ちます。

洋画を見るとき、気になったフレーズがあればLINEにメモしましょう。
英語日記では、日記を書いてる際に分からない言い回しや単語があれば調べましょう。そして自分が今日知ったフレーズをLINEにメモです。

これを続けていくことで、あなたは知らぬ間に多くの英語フレーズを自分のモノにしているはずです。

参考
レベル別!英語学習で役立つ、Netflixおすすめ映画・ドラマ9作品
なまけ者でも英語が伸びる!英語日記の効果的なやり方とおすすめ日記帳

独学でも英語は話せるようになる

silhouette photography of jump shot of two persons

以上、シャドーイングとフレーズストックを活用した英語の勉強法、いかがだったでしょうか。

英語学習というのは、あまり多くの教材に手を付けすぎない方が早く効果が出ます。自分に合った勉強法を見つけたら、それに絞って最低1カ月は同じ学習法で続けてみて下さい。必ず効果を実感できるはずです。

そして最後に。
英語というものは「コミュニケーションをとるための1つのツール」にすぎません。英語ができれば世界中の人たちと関わりあえます。あなたの可能性を広げてくれます。

アメリカでは赤ちゃんだって英語を話せるので、あなたにできないはずありません。^^ 
希望を捨てず続けることで、必ず「できるぞ!」という日が来ます。英語話者の日本人だって、最初はゼロからスタートしたんですから!

この記事があなたの英語マスターへの近道になれれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました