【東大生も実践】独学3か月でネイティブとの英会話を実現した英会話学習法

皆さんの中には、金銭的余裕もないし、自分で英語を勉強しているけど
どうやったらネイティブレベルまでたどり着けるの?どれくらい時間がかかるの?
と不安になっている方も多いのではないでしょうか。
私も昔、どれだけやっても思うような結果が出ず、そんな皆さんと同じ不安を抱えていた時期がありました。でもやっぱり、やった分だけの成果は出てほしいと思いますよね。

そんな方に、東大の方も実践している高に効率の良い効果絶大の勉強法をご紹介します。

【読者の対象】
・英語学習をしているのに伸び悩んでいる独学で英語を勉強している
・ネイティブと話せるようになりたい

今回の記事では、たった4つのことをやるだけで、1カ月で絶大に効果を発揮する英語学習法を皆さんにシェアしていきたいと思います。というか、やれば必ずネイティブの方と話せるレベルになる勉強法です。

-参考記事-
【英語上達のコツ】英語が早く上達する人がやっている5つのこと
ネイティブがよく使う便利な英語表現、副詞編!1つの単語で感情表現できる魔法の英会話

初めに

勉強方法をご紹介する前に、現在の日本人の英語レベルから見た、英語を話せることによるメリットなどについてお話します。

日本の英語レベル

皆さん、日本は先進国やアジアの中でも、特に英語を話せる人が少ない国だということをご存じでしょうか。

このEF EPIというのは、世界各国の英語能力指数です。ご覧の通り日本は、2018年に47位、そして2020年では55位まで下がってしまいました。日本が位置している、黄色い部分は「低い英語能力」と分類されている域です。近年グローバル化が進みつつある日本ですが、それでもこれくらい、悲しいことに日本人の英語力は低いのが現状です。

日本の英語教育と生の英会話を比べると、使う単語やフレーズに大きな差があります。なのでまず、「英語を勉強してるのに話せない・・・」と思っている方は、落ち込んだりしないで下さい。それが日本では普通なのです。

ただ逆に言えば、英語を話せる人は珍しいため重宝されるということになります。
職場でも、友達にも、親戚にも、外国人の方と英語で話せれば「すごいね!」と尊敬のまなざしで見られます。

英語を話せることのメリット

上記で書いたように、英語を話せる人は、希少価値として重宝され、自分の可能性も広げられるようになります。独学でさえも今英語を勉強している方、それだけで現時点で他の人と差がついています。

excited young diverse friends celebrating birthday of cheerful woman on terrace
Photo by Kampus Production on Pexels.com

ビジネス面でのメリット

  • ビジネスチャンスを掴みやすくなる
  • 就活で内定がもらいやすい
  • 他の人ではできない仕事を回してもらえる
  • 世界どこでも仕事ができる

生活面でのメリット

  • 世界各国に友達を作ることができる
  • 自分の視野を広げられる
  • 自分に自信がつく
  • 海外旅行を安全に楽しめる

メリット・デメリットは人それぞれですが、英語ができるようになることで、自分に自信がついたり自分の世界を広げることができるのです。

用意するもの

だいぶ前置きが長くなりましたが、用意していくものから順にネイティブレベルに到達するための英語の勉強方法をご紹介していきます。

LINE
YouTube
動画配信サービス(NetflixかDisney Plus)


YouTubeか動画配信サービスは、最低限どちらかが準備できれば大丈夫です。

また、動画配信サービスであれば、Amazon primeなどではなく、上記のどちらかをご利用して下さい。

ネイティブと会話ができるようになる!英語の学習法

この学習法の効果

これからご紹介する学習方法は、ズバリ、LINEにメモを取りながら、自分が使いたいネイティブフレーズを覚えていく学習方法です。

これの効果ですが、私はこれを始めてから1カ月で自分が言いたいことを言えるようになり始め、3か月後には自信を持って英語を話せるようになりました。

この勉強法が英語力を効率よく伸ばすのには理由があります。それは、自分が使う・使いたい英語のフレーズに集中して覚えるからです。ここには一切の無駄がありません。
日本語でもそうですが、人が話す言葉にはクセや傾向があります。英語話者にも、様々な言い方をする人がいるのです。

色々試して失敗してきたからこそ分かりますが、これが1番の英会話スキルを上げる勉強法です。

学習のおおまかな流れ

まず最初に、これから紹介する勉強方法の流れについて大まかに説明していきます。

流れ

  1. LINEのグループ機能で自分だけのTalk roomを作る
  2. YouTubeまたは動画配信サービスを使って映画を見る
  3. 見ていて気になったフレーズを、作ったLINEのTalk roomにメモる
  4. 毎晩自分が作ったメモを見て、そのフレーズを覚える

これが、おおまかな独学での英語勉強法の手順になります。

LINEを活用する

ステップ1.Phrese stockの作成

1.まず、LINEのホーム画面を開きます。

2.次に新規のグループを作るところを押します

3.グループを作成部分を押します

4.名前の欄に「Phrese stock」と入力します

5.作成ボタンを押せば、これで完了です。自分だけのTalk roomが出来上がりました。

ステップ2.自分が気になるフレーズをメモする

ステップ1が終わったら、あとはもう海外の映画やドラマを見るだけです。基本は何でもいいです。自分の好きなものを見てください。もし周りにネイティブの方がいる環境下であれば、日常会話で耳をダンボにしてください。そして、気になるフレーズや単語、スラングに出会ったら、このPhrese stockにメモするように。

↑こんな感じです。

この時のポイントは

  • その文を表す絵文字をつける
  • 英語と日本語訳を両方つける
  • 1日に1回は見直す

です。特に注意なのが、2つ目の英語と日本語訳の両方を書くことです。英語だけを書くと後でそれの意味が分からなくなってしまうことがあります。気を付けましょう。

映画または英語学習用YouTubeを見る

コミュニケーションをとる上で大事となってくるのが、リスニングとスピーキングです。英”会話”ですからね!聞けるだけ・話せるだけでは会話は成り立ちません。海外の映画やドラマを見るという勉強法は、生きた英語を学ぶ上でとても大事になります。なので、リスニングとスピーキング、別々に英語学習に繋がる視聴方法を紹介していきますね。

Netflix掲載の、英語学習におすすめな映画は↓の記事に書いてあるので、よければご覧下さい。

ネイティブ英語
「ネイティブ英語」の記事一覧です。

学習方法

スピーキング編

1.英語字幕を付けて視聴する

woman using laptop in bed
Photo by Vlada Karpovich on Pexels.com

これをするにあたっては、音声は日本語でも英語でも構いません。ただ、英語字幕を付けて視聴してください。

日本語音声でもいい理由をご説明します。例えば、「頑張って」という日本語を英語で言いたいとき、英語にはそれに匹敵する言葉がありません。(基本的にはこの場合、「Good luck」や「You’ll make it」などが使われますが)
なので、日本語音声のものを英語字幕で見るということは、そういった場面で英語ではどんな言葉が使われるのかを場面によって知ることができる、ということです。

ただ、もちろん英語音声で英語字幕もお勧めです。これは、完璧に脳を英語脳にしますからね。
週によって分けてみるのもいいかもしれません。

2.気になるフレーズがあれば、LINEのPhrese stockにメモする

できれば、連想しやすいように絵文字なども付けてください(*^^*)

3.寝る前に声に出して読む

woman in white top holding smartphone lying on couch
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

この時大事なのが、声に出して読むことです。どんどんアウトプットしていきましょう。覚えてても言えなきゃ意味がないですからね!また、余裕のある方は、電車の中などの隙間時間にも見直していてください。

いち早く英語をナチュラルに話せるようになるためにすることはこれだけです!これだけの事をしっかりやれば、1カ月後に「あれ、自分の言いたいこと言えてる!?」という日が必ず来ます。

ただ、続けないとあまり意味がないので、通勤時間や隙間時間に、できる限り毎日これを続けてください。そうすることで、英語が自分にしみついてきますよ。

リスニング編

1.英語音声のまま、字幕を付けずに視聴する

black headphones with mobile smartphone
Photo by Kaboompics .com on Pexels.com

リスニング練習の際は、字幕を何もつけずに英語音声のまま視聴するようにしてください。

2.聞き取れないところでストップし、もう一度聞く

pensive ethnic man listening to answer in paper cup phone
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com

もちろんのことですが、英会話中には字幕なんて付けられません。何回も聞きなおすことになるのは嫌ですよね。なので、字幕を見る前にもう一度だけ、耳を英語の音に集中させてください。こうすることで、だんだん耳が慣れてきますよ。

3.2回聞いても分からなければ、字幕を付ける

person woman eyes face
Photo by Gratisography on Pexels.com

2度聞いても分からなければ、字幕を付けましょう。字幕を付けることで、”自分はどの音が苦手なのか” が分かるようになります。その音の正しい発音に重点を置きながら学習すれば、徐々に聞き取れない英語が減ってきますよ。

4.気になるフレーズがあれば、LINEのPhrese stockにメモする
5.寝る前に声に出して読む

この二つは先ほどのスピーキングでご紹介したのと同じ手順です。

リスニングに関しては、英会話だけでなく、TOEICやIELTSなどの資格試験にも応用が利くものだと思うので、資格の勉強をしたい方も、ぜひ試してみて下さい。

ちなみに、私が1カ月でTOEIC200点アップした勉強法も別の記事で紹介しているので、興味ある方はぜひ読んでみて下さい。

404 NOT FOUND | こちゃブロ
global link

まとめ

今回は、LINEのTalk roomに自分だけの単語帳を作りながらの勉強法をご紹介していきました。

いつも必ず利用するLINEの中に作ることで、「単語帳開くの面倒くさいな」ということもなくなりますし、なにより自分が話せるようになりたいフレーズしか入っていないので、見るたびにワクワクできる勉強法です。

これをやれば、独学でも、周りにネイティブの方がいない環境下でも、必ず英会話がしっかりとできるようになります。東大の方も実践されているというのも説得力があるのではないでしょうか(笑)

コロナ渦で留学できなかったり、国際交流のイベントに行けなかったり、大変なことも多いですが、おうち時間をこういった勉強に充てることのできるいい機会でもあります。今日から始めて、周りの方とどんどん差をつけていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました