1カ月半でTOEIC800点以上がとれる、効率重視の勉強法!中級から上級へのアプローチ

clear light bulb on black surface

TOEIC800点を取るための勉強法って、よく色んな記事で見かけますよね。

・公式問題を沢山解けば点数は上がる
・単語を沢山覚える
・効率的な方法はないから、毎日コツコツ勉強するしかない

これもあながち間違いではないと思います。

数をこなす程コツがつかめるし、正しく勉強すれば、勉強時間は結果に比例します。

しかし、TOEICにばかり時間をさけなくて、もっと効率がよくて早く目標を達成できる方法を探しているそこのあなた。
そんな方法でTOEIC800点以上を取得することは可能です。

もう一度言います。
効率よく、1カ月半でTOEIC800点を確実に取得できる方法はあります。

実際に、私自身が試して実証した方法です。
私はもともとTOEICで630点ほどの点数を持っていましたが
この勉強法を試してから点数が835点に伸びました。

その際の勉強期間は約1カ月半。
それも、TOEICばかりに時間は割いておらず、1日の勉強時間は30分~1時間

たったのこれだけです。
さらに、一切課金しておりません。
(単語帳を持っていたため)

前置きが少々長くなってしまいましたが、今回は

  • 英語中級レベルの方
  • TOEIC550点以上をお持ちの方
  • 短期間で点数を上げたい方
  • 就活生
  • 一日最低30分の勉強時間は取れる方

この方たちが対象です。

この記事はL&R向けですが、ライティングやスピーキングはやはりネイティブの指導が必要になってくるので、ぜひ興味のある方はこちらもチェックしてみて下さい。
LINE上でネイティブの方とお話しでき、勉強法などについても教えてくれます。

TOEIC800点保持のメリット

就活に有利

就活は、いわば戦場です。
いかに他の人と差が付けられるか・いかに企業にとって自分が有益な人材かをアピールできるか
これによって合否は大きく左右されます。

今後のビジネスパーソンにとって重要な知識やスキル
企業・団体における英語の位置づけ

上記の表は、2019年度に調査された、企業・団体における英語の位置づけです。
もちろん受ける企業によるかとも思いますが
コミュニケーションスキルよりも、またはそれと同じくらい英語力を重視する企業が年々増えているのです。

TOEICの点数が高いだけで入社できるかと言われればそうではありませんが
もしあなたのTOEICが高ければそれは大きなアピールポイント、企業にとっては決め手となるでしょう。

英語を生かして仕事ができる

一般的にTOEICのレベルは

 600~695:ある程度英語ができるが、おぼつかない部分がある
 700~795:ある程度の英語ができる
 800~895:英語を生かして仕事ができる

このような判断基準として使われています。

TOEIC500→800点】大学生が実現したリアルな勉強法と参考書

また、上の表を見ると、採用応募時の平均スコアが625点であることがわかります。

過半数が600点台であるのに対し、もしあなたが800点以上もっていれば
より責任ある仕事を任せてもらえるかもしれません。
(外資系や商社の場合)

以上の事を踏まえると
TOEICの点数は入社後に任される仕事内容にも関わってくる可能性があります。

自分の可能性を広げられるって楽しいですよね^^

TOEIC800点を取るのに必要な勉強時間

45分の集中力を有効活用する勉強法

最初にいいます。
私がご紹介する勉強法の勉強時間は、1カ月半の合計で22.5~45時間です。

一般的には、TOEICの点数を100点あげるのに必要な時間は200~500時間と言われています。

一日2時間勉強したとして、最低100日=3か月。
まぁ悪くはないです。

しかし、英語を学ぶのがそれほど好きではないと、
1日2時間の英語の勉強を3か月も継続するのはなんか少し面倒くさいですよね。

だから集中力が続かず、だらだら勉強した結果、あまり点数が伸びません。

ただ、今回私がご紹介する勉強法は
1日0.5時間×45日=22.5時間(1日1時間×45日=45時間
これだけの時間で、800点狙えちゃうんです。

23~45時間の勉強で高得点が狙えるわけ

これには、ちゃんと理由があります。
人間の脳は、脳科学的に見ても45分程度しか集中することができないからです。

これは、東京大学の池谷教授が導いた、集中力に関するグラフです。
見てわかる通り、45分あたりから集中力は下降し始めます。

だったら休憩すればよくない?と思うかもしれませんが
皆さん、長時間勉強して毎回集中できた!って経験、多くありますか?
少なくとも私はありません。笑

心理的にも、時間が制限されているとその時間内により集中することができますが
時間があると思うと、携帯を見たりマンガ読んだりして集中力が散乱してしまうケースが多いです。

せっかくの大事な最初の45分間を無駄にしてしまうのはもったいないですよね?

それなら、その最初の45分で集中する方が何倍にも効率が良いというわけであり
それゆえ短時間の勉強で高得点を目指せるのです。

TOEIC800点越えの勉強法

TOEICで高得点を狙うための最大のコツは、リスニングを重点的に勉強することです。

英語学習に役立つNetflixおすすめ映画はこちらです。

ネイティブ英語
「ネイティブ英語」の記事一覧です。

コツ1.リスニングを重点的に勉強する

別の記事でも書いたことがありますが、これには理由があります。

TOEICのリスニングは、ネイティブが実際に話す速さよりもゆっくりめに作られています。
そのため、リーディングなど他の項目と比べても比較的簡単に高得点を狙いやすいです。

TOEICの合計点はL&Rの平均点ではなく、合格点です。
コツをつかんで少し耳を慣らしておくだけで、合計点数アップへ大きく影響します。

実際、TOEIC835点保持の私も、この点数を取る前と比べて
一番飛躍的に伸びたのがリスニングでした。

コツ2.公式問題集を解く

TOEICの傾向を知るためにも、まずはTOEIC公式のサンプル問題を解いてみましょう。

ウェブ上には様々な無料のTOEIC問題がありますが、
やはり公式のものでやるのが1番良いです。

ここにはそこまで多くの問題数があるわけではありませんが、
私は、コツをつかんでここで何度か耳を慣らしただけで835点取得しました。

課金はしていません。


なのであれこれ手を出さずに、これから説明するコツを把握したうえで
これを全問正解するまで解いてください。

次から具体的な勉強法の説明をしていきますが
私の勉強法を実践する前に1度解いてみて下さい。

その後に、下記のものを実行するだけで効果が実感できると思います。

コツ3.同じ洋画を何度も見る

これに関して、ネイティブの使う英語(スラングなど)とTOEICは違うじゃん。
って思う方もいるかもしれません。

確かにスラングばかりのものを見ても意味はありません。

しかし、TOEICのスピーカーはネイティブの発音ですよね?
それに慣れることって、思った以上に大切なんですよ。
カタカナ英語ではなく、実際の英語を沢山聞くことで「この単語って正しくはこういう発音なのか!」と気づくとができます。
それは、あなたが自分の弱点を理解し克服した、という事です。

英語学習に向いた正しいものを見ることで、リスニング力は確実に上がります。

ちなみにこれは毎日やる必要はありませんが
もし時間ができたら一日15分でもいいのでやってみて下さい。
必ずプラスになります。

お勧めは、ディズニー映画・またはこちらにリストアップされたものを見て下さい。
Netflixの日本人向け映画をレベル別にまとめています。

また、ディズニー⁺は1カ月間無料で視聴できるので、勉強用に入会して31日前に解約するのもありだと思います。
どうしても入会したくない方は、YouTubeに載っている予告版でもいいと思いますよ^^

リスニングのコツ

black headphones with mobile smartphone

Part1

TOEICですでに600点前後取っている方ですと、パート1はできる方が多いと思うので
ここは割愛します。

ですが皆さん。
ここではなるべく全問正解や1問間違いを目指して頑張りましょう。

リスニングPart1頻出フレーズは、""

TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ [ TEX加藤 ]

価格:979円
(2021/1/25 13:51時点)
感想(83件)

""“>金のフレーズのパート1 “重要100” (P89~)に載っているので、ここは要チェックです。

TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ [ TEX加藤 ]

価格:979円
(2021/1/8 23:38時点)
感想(83件)

※上記は税込み価格です。

Part2

パート2で大事なのは、スピーカーからの質問文の一番最初の言葉です。
ここの部分は必ず注意して聞きましょう。そうすれば満点は確実にとれます。


例えば

  1. Will~?/ Are you going to?
  2. When/Where/Which/What
  3. Do you~?/ Does she~?

このような、疑問詞と言われる部分です。

これをしっかり聞くことで
答えがYesかNoなのか、時間や場所なのか、答えがどういった類のものになるか予想できます。

必ず最初の疑問詞に注力して下さい。
そうすれば、ここでも満点を取ることができます。

Part3とPart4

問題はここです。パート3から難易度が一気に上がります。
1つの会話につき、3つの設問がついてくる厄介者です。

ですが、やり方のコツさえつかめば驚くほどここでの点数アップが期待されます。

そのコツとはズバリ!!
問題文のみを見ることです。

こちらは例文ですが、この青線の引いてある部分のみです。

できたら選択肢の部分も見た方がいいんじゃない?
と思うかもしれませんが、中級レベルの方への答えはNoです。

問題文のみをしっかり頭に入れることで、リスニングにより注力でき
かつ答えの部分にフォーカスしやすくなります。

選択肢まで見てしまうと、情報量が多くて問題が何か忘れてしまう事もありますからね。

ただ、時間が余れば前置詞(この例題で言うDuring)をチェックするのはいいかもしれません。
atなら場所か時間、duringなら~の間 とか予想できますからね^^

リーディングのコツ

先ほども言ったように、リーディングはリスニングよりも難易度が高く
短期間では点数を大幅に上げることは難しいです。

短期間で点数アップを狙えるとしたらパート5とパート6です。
その後からは長文が続くので
なるべくパート5,6を早く終わらせられれば長文に避ける時間が長くなります。

そこで、パート5,6に役立つサイトをご紹介します。

文法問題に役立つ無料サイト

私が非常に役立ったと感じたのが、過去問.comです。

こちらのサイトの凄さは

  • 無料とは思えない問題数
  • 解説つき
  • 実際の過去の問題から作られている

ということです。

これをやる事で、リスニング同様に自分の間違えやすい所を意識できるようになります。

ぜひ通勤時間などでやってみて下さい。

まとめ

以上、中級からTOEIC800までの勉強法いかがだったでしょうか。

まとめると

  1. 45分の間に集中してやる
  2. リスニング重視の勉強をする
  3. リスニングのコツにのっとって過去問を解く
  4. 過去問.comで文法の知識を高める
  5. 同じ洋画を見る(15分とかでもいいです)

コロナの中でつらい思いをしてる人も多いかと思います。
ですが、逆に考えれば、外に出る頻度が減った今は
周りと差をつけるチャンスです。

皆さんの検討をお祈りしてます^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました