【実証済み】短期間でTOEIC800点を目指せる勉強法を特別公開

person woman eyes face

TOEICで600~700点前後はとれるのに、そこから先がなかなか伸びない。
就活や昇進のために高得点取りたいけど、TOEICばかりに時間はさけない。

ここではそんな悩みを解決します。

-読者の対象-
・現在TOEIC中級レベルの方
・なるべく早く効率のいい正しい方法でTOEIC800点を取りたい方

-本記事の内容-
・TOEIC中級からの脱却法
・TOEIC800点を1カ月半で目指す勉強法

もともとTOEIC600点ほどだった私が1カ月半でTOEIC835点を取得した方法です。

日本では、TOEIC800点以上の点数を取ることで、海外企業で働ける就活で周りと差をつけられる英語人材ポジションにつけるといったメリットがかなりあるので、そこの分野を目指している人は特にぜひこの記事に書いてあることを実践してください。

※留学や英語圏での仕事を探している場合には、TOEICはあまり役に立ちませんのでご注意ください
そんな方にはIELTSがお勧めです。

短期間でTOEIC800点を目指す勉強法

excited male student throwing university papers in air

まず、TOEIC800点を短期間でとるための勉強法は以下の通りです。

1.金のフレーズで頻出フレーズを覚える
2.リスニングを重点的に勉強する
3.リスニングpart3とpart4のコツを抑える
4.TOEIC公式の過去問を解く

それではこれから順を追って手順を説明していきます。

金のフレーズで頻出フレーズを覚える

こちらはTOEICを受けるうえで最も優秀なTOEIC教材です。

1カ月半~2カ月以内の間にTOEIC800点を目指したい方は、ここに載っている単語を1日20単語覚えるようにしましょう。分からないフレーズは付箋やしるしをつけて次の日も確認します。

英語というのは言語ですから、文法以前に単語やフレーズの意味が分からなければ点数は伸びません。逆にリスニングの場合単語やフレーズが理解できると、ある程度意味が分かります。850点レベルまでのフレーズは約700個あるので、「700単語÷45日=約15単語」です。
ただ途中でリスニング対策用のフレーズも出てくるので、そこを考慮して1日20単語です。

これはTOEICを受けるうえで必ず必要ですので、まだの方は今日から始めて下さい。
持っていない方は下のリンクをチェックして下さい。

TOEIC L&R TEST でる単特急 金のフレーズ 改訂版 出る単特急金のフレーズ [ TEX加藤 ]

価格:979円
(2021/2/12 21:18時点)
感想(83件)

リスニングを重点的に勉強する

TOEICのリスニングというのは、ネイティブが実際に話す速さよりもゆっくりめに作られています。そのため、リーディングなどの他の項目と比べて比較的簡単に短期間で点数を伸ばすことが可能です。

TOEICの総合点数は、RとLの合計点なので、極端な話「リスニング450点、リーディング350点」でもTOEIC800点は800点なのです。

それではリスニング力を上げるためにどう勉強すればいいのか。それがこちらです。

・同じ洋画(好きなモノ)を、字幕なしで繰り返し見る
 ・聞き取れない場合は字幕を付けて分かるまでリピートする
 ・上級者でない限り、TED Talkは聞かない
・リスニングアプリを使う
・金のフレーズ パート1 重要語100をチェック(リスニングに特化したフレーズ)
・1日15分以上は英語を聞く(ネイティブ講師お墨付き)

1日最低15分、上記の事をするだけで、たったの1カ月半で私自身リスニングが150点ほど上がりました。アプリか洋画、どちらでもいいので、必ず1日15分は集中してリスニングをしてください

とは言え、リーディングも気になると思う方いると思います。
リーディングをやる余裕のある方は、ぜひ文法問題を繰り返しやって下さい。
無料でできて、問題量も莫大にあるTOEIC過去問.comをやるのをお勧めします。
1日の隙間時間にいつでもでき、解説までついているのでとてもお勧めです。

これをやる事で、長文にさける時間が長くなり、リーディングでの点数が上がりやすくなります。

レベル別!英語学習で役立つ、Netflixおすすめ映画・ドラマ9作品はこちら。

ネイティブ英語
「ネイティブ英語」の記事一覧です。

リスニングPart3とPart4のコツを抑える

TOEIC550~700点前後で足踏みしてしまう多くの原因が、リスニングの後半問題とリーディングの長文読解にあります。
(長文読解マスターには時間がかかるので今回は説明しません)

これの裏をかくと、リスニングの後半問題のコツさえつかめれば点数が大幅に伸びるという事です。なので、そのコツを伝授します。

Part3とPart4は、ひとまとまりの会話につき3問同時に回答をしなければいけないものです。

ここでポイントとなるのが、3つの質問文のみを読み完璧に質問を覚えることです。
よくあるのが、質問文+選択肢の方まで読んでしまうことですが、これをすることで、3問目の質問が読めなかった・質問文を忘れてしまったといったことが起こります。ここがTOEIC800の壁を分けると言っても過言ではないでしょう。

※青線の引いてある所だけを読む

ただ、もし質問文を3問全て読み終わった場合には、前置詞(この写真でいうDuring)はチェックしましょう。時間や場所を示すので、大きな手掛かりとなります。

ここまでを徹底的に行えば、Pert3とPart4で驚くほど効果が実感できます。

TOEIC公式の過去問を解く

やはりTOEICで800点を狙うならば、公式の過去問などは必ず解いておくべきです。
無料で試したい方は【公式】サンプル問題 で解いてみて下さい。

頻度ですが、LとR含め、最初の1カ月は週に1.2回、最低30分~1時間程だけ問題を解いてみる時間を作れば良いです(単語とリスニングは毎日)。ただ、その日は間違えた場所を放置せず、なぜ間違えたかを徹底的に考えてみるようにしてください。

全て解き終わったらまた1からやるように心がけましょう。
1回目では分からなかった自分の弱点が自ずと見えてきます。

上記の事を1カ月繰り返しやるようにすれば、必ず点数は伸びます。TOEICで800点取ることは可能です。

短期間でもTOEIC800点を取れる理由

ここまで読んで気づいた方いるかもしれないですが、この勉強法は、勉強時間が少ないうえに短期間でTOEIC800点を目指せるものです。

全体的に見ても、1カ月半でおおよそ35時間程度。1日1時間も勉強していません。
なのになぜ効果が出るのでしょうか。

45分の集中力を有効活用する勉強法

上記の答えには脳科学的な理由があります。

人間の脳は、脳科学的に見ても45分程度しか集中することができないからです。

これは、東京大学の池谷教授が導いた、集中力に関するグラフです。
見てわかる通り、45分あたりから集中力は下降し始めます。

先ほどご紹介した勉強法は、この脳科学を活用したもので、最初の45分間で集中してできるものになっています。

もちろん、英単語やリスニングなどは隙間時間に15分ならば15分と決めてやっていいです。
短い間に集中するという事が一番身に付きやすいので、単語にしろリスニングにしろ、やる時は集中してやるようにしてください。

まとめ

短期間でTOEIC800点を取る方法は

1.金のフレーズで頻出フレーズを覚える【1日20単語】
2.リスニングを重点的に勉強する【1日最低15分】
 ・同じ洋画(好きなモノ)を、字幕なしで繰り返し見る
  ・聞き取れない場合は字幕を付けて分かるまでリピートする
  ・上級者でない限り、TED Talkは聞かない
 ・リスニングアプリを使う
 ・金のフレーズ パート1 重要語100をチェック
3.リスニングPart3とPart4のコツを抑える【質問文のみを読む】
4.TOEIC公式の過去問を解く【1週間に1.2回/弱点の克服を意識】
5.1日45分で集中して勉強する

これはネイティブの英語講師直伝のやり方でもあり、私自身がTOEICで600点から835点を取った、確実に誰に対しても効果の出る勉強方法です。

正しい勉強法が分かった今、やるかやらないかはあなた次第です。
そこで大きく結果に差がでます。

次回は、リスニング学習におすすめのアプリをご紹介します^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました